ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

海洋放出、県漁連は結論先送り

 東京電力は13日、福島第1原発で増え続ける汚染水を減らすため、地下水をくみ上げて海へ放出する「地下水バイパス」計画について、福島県漁業協同組合連合会(県漁連、福島県いわき市)の組合長会議で説明した。県漁連側は結論を先送りした。県漁連の野崎哲会長は冒頭「今回、われわれの態度を決定したい」と話していたが、会議終了後に一転、「今回の会議で同意はしておらず、意見を集約して再判断したい」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。