海上自衛隊の補給艦が今年4月以降、日本海で北朝鮮の弾道ミサイル防衛(BMD)に当たる米イージス艦に洋上給油を実施していることが14日、政府関係者への取材で分かった。安全保障関連法の施行に伴い、自衛隊から米軍への物品提供や輸送任務の対象が拡大したため可能になった。安保法に基づく新任務が明らかになるのは、海自が5月に実施した「米艦防護」に続いて2例目。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。