外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 岩手県釜石市は24日、東日本大震災と同程度の津波が来た場合に2メートル以上浸水する地域は、住宅の建築を禁止することを決めた。市議会復興対策特別委員会で公表した復興計画中間案に盛り込んだ。市によると、数十年から百数十年に一回の津波に対応するため防潮堤を復旧し、道路も盛り土して整備する。浸水範囲を抑えるこうした対策を取った後でも、2メートル以上の浸水が予想される地域が対象となる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信