外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀の黒田東彦総裁は8日、金融政策決定会合後の記者会見で「脱デフレと(消費税)増税は両立する」と述べ、予定通り来年4月から消費税率を2段階で引き上げてもデフレ脱却は可能との見方を示した。景気は「所得から支出への前向きの循環が働き始めている」と分析、雇用や所得の状況は一部で改善の動きがみられると強調した。

共同通信