外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は27日、社会保障と税の一体改革に関する初めてのシンポジウムを福岡市で開いた。政府与党案に盛り込まれた消費税率10%への段階的引き上げについて、一般の参加者から「なぜ消費税なのか」「議員定数削減が先ではないか」などの批判的な声が多く上がった。内閣府の大串博志政務官は「財源がなくては社会保障制度を維持できない」と理解を求めた。シンポジウムでは、アンケートでの一般参加者の声を司会者が紹介。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信