外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府、与党は28日午前、社会保障制度と税制の改革を一体的に議論する「政府・与党社会保障改革検討本部」(本部長・菅直人首相)の初会合を官邸で開いた。首相は「これから50年の社会保障がどうすれば安心できるものになるか、展望を出してほしい」と指示した。検討本部は、消費税の在り方を含む基本的な方向性について年内の取りまとめを目指す。年明けには野党にも協議を呼び掛ける方針だ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信