外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】IMFは14日、日本経済に関する年次審査報告を発表し、「周期的な景気回復を利用し11年度から財政再建に着手すべきだ」とした上で「消費税率の段階的な引き上げ」を要請、11年度から最大15%まで引き上げる例を示した。IMFは、欧州の債務危機で日本の公的債務残高に注目が集まっていると指摘。10年間かけて毎年GDPの1%ずつ、財政赤字を削減することを提言。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信