外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 民主党の党税制、社会保障と税の一体改革両調査会合同会議総会は29日夜、消費税率を2014年4月に8%、15年10月に10%と2段階で引き上げる消費増税案を含む一体改革大綱素案「税制改革案」を了承した。野田首相が出席し協力を要請、幹部提示案よりも修正、引き上げ時期を各半年遅らせた。首相は政府税制調査会の決定を経て年明けに政府、与党の「社会保障改革本部」で一体改革大綱素案を決定、野党に協議を呼び掛ける。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信