外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府、与党が消費税率の引き上げについて、2013年10月にまず8%とした上で、15年4月に10%とする案を軸に調整に入ったことが19日、分かった。社会保障の充実と、政府の財政健全化目標である15年度の基礎的財政収支(プライマリーバランス)の赤字半減を同時に達成するには、引き上げを2段階とし15年4月までに終える必要があると判断した。党内では増税時期や上げ幅を決めること自体に反対が強く、難航は必至。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信