外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 兵庫県の淡路島で震度6弱を観測した地震で、地元自治体などは13日、詳しい被害状況の確認を進めた。共同通信の集計では損壊した住宅は1200戸を超えた。淡路島では住宅が被災した人を受け入れる避難所も開設され、復旧に向けた作業も始まった。住宅の損壊は、いずれも淡路島の洲本市が658戸、淡路市が508戸、南あわじ市が39戸など。洲本市は同日午後、被害状況を把握するため職員が全戸を訪れる調査を始めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信