外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 兵庫県洲本市(淡路島)で2015年3月、男女5人をサバイバルナイフで刺殺したとして、殺人と銃刀法違反の罪に問われた平野達彦被告(42)の裁判員裁判の判決で、神戸地裁(長井秀典裁判長)は22日、「正常な心理で殺害を決意、実行した。完全責任能力があった」と求刑通り死刑を言い渡した。弁護側は判決を不服として即日控訴した。

共同通信