外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 覚せい剤取締法違反罪に問われた元プロ野球選手清原和博被告(48)は17日、東京地裁(吉戒純一裁判官)の初公判の被告人質問で「現役時代はストレスやプレッシャー、不安を野球で解決できたが、引退後は解決方法がなくなった。膝の故障もあり、自分の弱さで薬物に負け、引退後間もなく使い始めた。申し訳ない」と述べ、ファンらに謝罪した。現役中の使用は否定した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信