外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 プロ野球巨人の球団代表を解任された清武英利氏は13日、解任は不当で、渡辺恒雄球団会長らの発言により名誉も傷つけられたとして、渡辺氏や巨人、読売新聞グループ本社に計約6200万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求め、東京地裁に提訴した。清武氏は11月11日に記者会見して、来季のヘッドコーチ人事をめぐり内部告発。球団は同18日、読売グループなどの名誉を毀損したとして同氏を解任した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信