外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 覚せい剤を自宅で吸引したとして覚せい剤取締法違反の罪に問われた元俳優清水健太郎被告(58)に、東京地裁は16日、「違法薬物に対する依存性は顕著で順法精神の欠如も明らかだ」として懲役1年10月(求刑懲役2年6月)の判決を言い渡した。被告は76年に歌手デビュー。「失恋レストラン」がヒットしたが83年以降、大麻や覚せい剤所持、ひき逃げの疑いで5回逮捕され、うち3回服役していた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信