外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 みんなの党の渡辺喜美代表は14日、共同通信のインタビューに都内で応じ、菅直人首相が呼び掛ける消費税の与野党協議よりも行政改革の協議を優先させるべきだとの考えを表明した。参院議長人事に関しては、野党第1党の自民党から出すべきだと主張した。参院で野党が多数派の「ねじれ国会」への対応をめぐっては、民主党に協力する場合でも、政策ごとの「部分連合」にとどめる意向を重ねて示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信