外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は29日、2020年度までの新たな温室効果ガスの削減目標を05年度比3・8%減とする方向で最終調整に入った。原発の稼働を計算上ゼロと仮定した上で、再生可能エネルギーの導入や省エネの徹底、森林による二酸化炭素(CO2)の吸収を考慮している。

共同通信