外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 少量だが温室効果が二酸化炭素(CO2)の約2万倍の六フッ化硫黄や、約300倍の一酸化二窒素など地球温暖化の原因となる“スーパー温室効果ガス”の監視体制強化を、気象庁が岩手県大船渡市と日本最東端の小笠原諸島・南鳥島で計画している。いずれも京都議定書で排出削減の対象だが、六フッ化硫黄はアジアで定点観測している地点がほとんどなく、監視体制の整備が課題だった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信