外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ドーハ共同】地球温暖化が進むと今世紀中に中国でジャイアントパンダの主食であるササが激減し、生息の危機に陥る恐れがあるとの分析を、米国と中国の研究チームが6日までに、英科学誌に発表した。パンダは既に、国際自然保護連合(IUCN)が近い将来に野生で絶滅する恐れが高い種に分類しており、温暖化で一層厳しい状況に追いやられることを示す結果だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信