外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 地球温暖化による海水温度上昇が今のペースで続くと、今世紀末には赤道より北の太平洋でメバチマグロやカジキの仲間など、漁業に重要な魚の量が大幅に減るとのシミュレーション結果を、米海洋大気局(NOAA)の研究グループが19日までにまとめた。日本にとって重要な中西部の太平洋を含めたこの海域では、逆にクロタチカマスやアブラソコムツなど、利用価値の低い深海魚の量が増加するとの結果も出た。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信