外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】ロシアのボリショイ・バレエ団の芸術監督セルゲイ・フィーリン氏が1月に強酸液を掛けられ大けがをした事件で、捜査当局は5日、同バレエ団上級ソリスト(準トップダンサー)のパベル・ドミトリチェンコ氏を拘束した。同国主要メディアが報じた。捜査当局は同氏が実行犯を雇った可能性があるとみて調べている。当局は同日、実行犯とされる男と、実行犯をモスクワの現場に運んだとされる運転手も拘束するなど事件は急展開。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信