外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 滋賀県警によると、4日午前6時40分ごろ、滋賀県東近江市小脇町のグラウンドで、自治会の消火訓練中に引火したアルコールが飛び散り、10人が負傷した。地元消防によると、子どもを含む3人が全身熱傷などの重傷という。東近江行政組合消防本部によると、重傷を負ったのは小学1年の女児(6)と小学2年の女児(8)、東近江市の消防団員の男性(50)。ほか7~70歳の計7人は軽傷だった。

共同通信