外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 24日午前4時40分ごろ、島根県浜田市沖48キロの日本海で、長崎県平戸市の館浦漁協所属の巻き網漁船第1源福丸(135トン)が沈没したと近くにいた僚船から118番があった。日本人17人とインドネシア人3人の計20人が乗っており、17人が僚船に救助されたが、日本人の乗組員2人が死亡、3人が行方不明となった。ほかに5人が軽傷を負い、浜田市内の病院に搬送された。

共同通信