外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 従来の100万分の1の消費電力で演算と記憶の両方ができる新型トランジスタを開発したと物質・材料研究機構チームが24日付の専門誌に発表した。パソコンの起動時間をゼロに近づけたり小型で高性能化につながるとしている。演算するトランジスタはパソコンや携帯には欠かせない部品。記憶媒体とともに小型化、高性能化が進められてきたが、別々だとデータが膨大な場合は読み込むのに時間がかかる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信