ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

漫画家中傷、致死量の硫化水素も

 週刊少年ジャンプに連載中の人気漫画「黒子のバスケ」の作者藤巻忠俊さんに対する中傷文書が相次いで見つかった事件で、上智大で発見された液体は、気化すれば致死量を大幅に上回る硫化水素を発生した可能性が高いことが30日、捜査関係者への取材で分かった。中傷文書は今月中旬以降、全国で少なくとも約20カ所で見つかったことも判明した。警視庁は文面や手口から、同一犯とみて威力業務妨害の疑いで捜査を進めている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。