外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 潜水艦のディーゼル機関の部品が、仕様に適合していないとの報告を海上自衛隊が見落とし、製造元の責任を問わずに交換していたことが28日、会計検査院の調べで分かった。検査院は「海自は契約履行の重要性への認識が欠けている」と指摘。部品の代金として確認できた2001~08年度の契約36件(約1億7千万円)について、製造元の川崎重工業と協議し、責任に応じて費用負担させるよう防衛省に求めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信