外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 中国海軍対策などで日米が一体で運用していることが明らかになった最新型の潜水艦音響監視システム(SOSUS)について、防衛省海上幕僚監部が歴代防衛相(旧防衛庁長官を含む)を選別し、一部には何の説明もしていなかったことが15日、防衛省、海上自衛隊への取材で分かった。

共同通信