外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 総務省消防庁は19日、たばこが原因の火事を減らすため、放置したままだと自然に火が消える「低延焼性たばこ」の導入を検討する有識者協議会の設置を決めた。来月2日に初会合を開く。低延焼性のたばこは、カナダでは国レベル、米国では多くの州で普及している。協議会では、国内で製造、販売するたばこについて、低延焼性にするため規制を設ける必要があるかどうかも含めて本年度内に一定の方向性を打ち出す予定。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信