外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 昨年5月の広島県福山市のホテル火災を受け、総務省消防庁は4日、防火基準に適合した宿泊施設で掲示できる新しい全国統一マークを来年秋に導入する方針を決めた。同日の有識者検討会で図柄を公表した。対象は、30人以上収容の3階以上のホテルや旅館。現在は、消防法の防火基準に適合した300人以上収容の建物が掲示できるセーフティーマークがある。図柄は2003年に廃止された「適マーク」とほぼ同じだ。

共同通信