外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】ソウルの日本大使館に火炎瓶を投げつけ韓国警察に逮捕された中国人の男(37)が、昨年12月26日に東京の靖国神社の門が燃えた事件も自分がやったと供述したことについて、日本の警察当局は12日までに、国際刑事警察機構(ICPO)を通じ韓国警察に男の供述内容など捜査資料の提供を求めた。関係者が明らかにした。日本側は供述内容と現場の状況が一致するなどすれば非現住建造物放火容疑で立件する方針。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信