外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災の被害に遭った岩手、宮城、福島3県の災害公営住宅で、65歳以上の入居者が40・3%を占めることが1日、共同通信の集計で分かった。各県の高齢化率が30%程度なのに比べ高水準。高齢の被災者の多くは、自宅再建が経済的に難しいことが背景にある。少なくとも22人の孤独死が確認され、見守りなどの支援が課題となっている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信