外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大規模災害時に幹線道路をふさぐ放置車両を、管理者の国や地方自治体などが強制撤去できるようにする改正災害対策基本法が14日の参院本会議で、全会一致で可決、成立した。首都直下地震などでは、乗り捨てられた大量の車が、緊急車両の通行を妨げることが想定される。撤去を法律で明確に位置付け、円滑な救助活動や火災鎮圧につなげる狙い。

共同通信