外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 横浜の点滴連続中毒死事件で、大口病院(横浜市神奈川区)で中毒死した入院患者2人はいずれも最後の点滴交換から6~7時間で心拍低下が確認されていたことが28日、捜査関係者への取材で分かった。交換から容体悪化まで一定程度の時間が経過しており、連続殺人事件として捜査している神奈川署特別捜査本部は、点滴への界面活性剤の量を調整するなどして混入が発覚するのを免れようとした可能性があるとみている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信