ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

無人機攻撃でナンバー2死亡か

 【イスラマバード共同】パキスタン北西部の部族地域、北ワジリスタン地区で米国が実施した無人機による攻撃で、パキスタン当局者は29日、イスラム武装勢力「パキスタンのタリバン運動(TTP)」のナンバー2、ワリウル・ラフマン氏が死亡したと明らかにした。ロイター通信が報じた。TTP報道官は共同通信に「メンバー数人が死亡したのは事実だがラフマン氏は無事だった」と話している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。