外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米ホワイトハウスの敷地内に小型無人機が墜落した問題で、ニューヨーク・タイムズ紙電子版は26日、無人機を操作していた米政府の男性職員が大統領警護隊(シークレットサービス)に名乗り出たと伝えた。男性は無人機で遊んでいて制御できなくなったと話し、ホワイトハウスに向けて飛ばす意図はなかったとしている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信