ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

無期懲役の2人に逆転無罪

 北朝鮮から覚せい剤約230キロを密輸したとして覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)罪などに問われた当時の指定暴力団極東会系組長宮田克彦被告(65)と、韓国人禹時允被告(65)の控訴審判決で、東京高裁は14日、無期懲役の一審判決を破棄し、無罪を言い渡した。事件では、首謀者の一人とされた別の暴力団組員が一審で無期懲役などの判決を受けたが、控訴審の途中に逃亡、病死。この組員の供述の信用性が争点だった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。