外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 富山県が開発した無花粉スギが注目を集めている。20年余りの研究を経て、県は昨年から林業用に生産を開始し、苗5千本を出荷。21日には県外で初めて東京の日比谷公園に記念植樹した。2017年3月までに計8万本の苗を出荷する計画で、普及が進めば、国民病ともいわれる花粉症に悩む人の春先のつらさを和らげることも期待できそうだ。無花粉スギは1992年、富山市の神社で自生しているのを県森林研究所職員が見つけた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信