外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 福岡市博多区の医院「安部整形外科」(安部龍暢院長)から出火し、入院患者8人と前院長夫婦の計10人が死亡した火災で、多くの被害者の死因が煙を吸い込んだことによる一酸化炭素(CO)中毒である可能性が高いことが11日、福岡県警への取材で分かった。県警と市消防局は合同で医院を実況見分し、火元の特定を進めるほか、熱感知器と連動した1階の防火扉が作動しなかった原因を調べている。

共同通信