熊本地震で供給する仮設住宅について、内閣府と熊本県は27日、家屋の解体と撤去を条件に、半壊の被災者も新たに入居を認める方針を明らかにした。これまでは全壊か大規模半壊が対象だった。内閣府は「最大震度7が2回起き、余震が続いており、半壊でもさらに壊れる危険があることを考慮した」と説明している。県は仮設住宅の増設を検討する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。