外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 熊本県益城町で最大震度7を観測した地震で、県は15日、建物の倒壊などによるけが人が約千人に上ったと発表した。うち重傷は53人となっている。死者は9人。体に感じる余震は15日午後11時現在で149回。14日夜より頻度は減ったものの断続的に続いている。政府の地震調査委員会は活断層の「日奈久断層帯」の北側の区間がずれて発生した可能性が高いとし、国土地理院も地下の断層が長さ18キロ、幅10キロにわたって60センチずれたとの解析結果を発表した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信