外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 熊本県は27日、熊本地震で供給する仮設住宅を4千戸追加し、計8200戸にすると発表した。想定を超える家屋被害と入居要件が緩和された影響で、戸数が不足すると判断した。ただ、家屋の解体と撤去を条件に、半壊でも入居できる新たな緩和は需要に織り込んでいない。必要戸数はさらに膨らむ可能性があるが、用地確保の難航で供給が遅れる懸念もある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信