外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 地震で大きな被害を受けた熊本県で25日、小中高校や幼稚園など計55カ所の授業が再開された一方、計391カ所(総計609カ所)で休校・休園が続き、通学・通園できない児童生徒、園児が計約14万6千人(総計約21万9千人)に上ることが、熊本県などへの取材で分かった。休校・休園数、児童や生徒などの数はともに全体の6割超に当たり、地震が新学期を迎えたばかりの教育現場に与えた影響の深刻さが浮き彫りとなった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信