外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 熊本県は18日、地震で発生したがれきなどの災害廃棄物処理の基本方針を議論する会議を開き、発生から2年以内の処理終了を目標とする考えを明らかにした。処理は原則市町村の一般廃棄物処理施設で行い、一定の用地確保が必要な2次仮置き場の設置など困難が予想される業務は県が代行する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信