外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 熊本県は29日、甲佐町と西原村で仮設住宅計100戸の建設を始めた。6月中旬に完成する。一連の地震で仮設住宅着工は初めて。熊本県内で倒壊の恐れがある「危険」と判定された建物は1万棟を超えて、1万871棟となり、東日本大震災(1万1699棟)に迫る数となった。大型連休初日のこの日は九州自動車道が全線で通行可能となり、各地からボランティアが被災地に入った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信