外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 6月に全国で熱中症のため救急搬送された人は4265人だったことが16日、総務省消防庁の集計で分かった。高気圧や台風3号により南から流入した暖気の影響で高温となった中旬に搬送者が増加した。前年同月(1837人)の2・3倍で、6月として統計を取りはじめた2010年以降では11年(6980人)に次いで多かった。年齢別では65歳以上の高齢者が49・4%を占めた。

共同通信