外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 熱中症で7~9月の3カ月間に医療機関に搬送された人は5万3843人、搬送直後に死亡が確認されたのは167人に上り、いずれも集計を開始した2008年以降で最多となったことが5日、総務省消防庁の速報値で分かった。09年と比べると搬送者は4・2倍、死者は10・4倍になる。都道府県別の搬送者数は東京が4365人で最多。年代別では65歳以上の高齢者が46・3%を占めた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信