外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力は1日、福島第1原発1~3号機で、冷温停止状態に向けて現在行っている原子炉への注水について、大地震などで長時間停止した場合の評価や対策を発表。試算の結果、1~3号機で約38時間後に燃料が溶融して放射性物質が放出されるとした。東電は、東日本大震災と同じレベルの地震や津波の発生を想定。注水が停止すると、約38時間で、燃料が再び溶け始める2200度に到達するという。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信