外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は27日、北朝鮮が21日に北西部東倉里の「西海衛星発射場」で弾道ミサイル用ロケットエンジンの燃焼実験を行ったとする報道に関し、22日に撮影された衛星写真に基づき、比較的小型のエンジンだった可能性があるとの分析を発表した。

共同通信