ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

爆弾テロで100人超死亡

 【イスラマバード共同】パキスタン南西部バルチスタン州クエッタや北西部スワト地区ミンゴラで10日、爆弾テロが相次ぎ、少なくとも計115人が死亡、216人が負傷した。パキスタンでのテロの1日の死者数としては、過去数年で最悪の規模。クエッタのビリヤード場で起きた連続爆弾テロでは81人が死亡。イスラム教スンニ派の過激派組織「ラシュカレジャングビ」が犯行を認める声明を出した。シーア派住民を狙ったとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。