外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【イスラマバード共同】パキスタン北西部部族地域とペシャワル近郊で23日、3件の爆弾テロがあり、イスラム教の聖職者として影響力のある元国会議員を含む少なくとも計38人が死亡した。地元行政当局によると、23日午後、同地域南ワジリスタン地区のモスク(イスラム教礼拝所)で、元議員が礼拝を終えて外に出た際、自爆犯が爆弾を爆発させ、28人が死亡、40人が負傷した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信