外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 京都府福知山市の花火大会の露店爆発事故で、ガソリンを噴出させて事故を起こしたとして、業務上過失致死傷罪に問われたベビーカステラの露店主渡辺良平被告(39)は19日、京都地裁(樋口裕晃裁判長)の初公判で、起訴内容を認め「これからの人生を懸け、遺族と被害者への謝罪と弁償に努めていきたい」と述べた。

共同通信